ニュース

「キールズ」が東北復興支援プロジェクトでラブリとのコラボセット発売。ラブリの一日店長イベント開催

 古くからグローバルでCSR活動を行っている「キールズ(KIEHL'S SINCE 1851)」は、2011年の東日本大震災以来続けている東北復興支援活動で、10月24日から11月30日まで、モデルでタレントのラブリとコラボレートした「限定キールズ×ラブリ 美肌セット」を販売する。全国のキールズショップおよび公式オンラインショップで数量限定販売し、売り上げの一部を福島の子どもたちのための施設「ふくしまインドアパーク」(認定NPO法人フローレンス運営)の運営のために寄付する。キールズ原宿店では10月17日から先行販売中。
 
 ラブリについて「キールズ」PRは、「『キールズ』をいつもご愛顧いただいていて、またボランティア精神にも溢れている」と語り、今回のコラボレートが実現。セットのクラッチバッグに、ラブリが描いた花の絵をプリント。ラブリは、「世界をお花だらけにしたら、きっと世界はもっとやさしい愛で溢れていくでしょう。そんな気持ちでデザインした」とコメント。

 また、原宿店での先行発売初日の17日には、ラブリが来店し、一日店長チャリティーイベントが行われた。「限定キールズ×ラブリ 美肌セット」購入者先着順で、ラブリとの記念撮影ができるという特典もあり、販売開始3時間前から長蛇の列が出現した。

■「キールズ×ラブリ 美肌セット」
内容:「キールズ ミッドナイトボタニカル コンセントレート」(30mL、現品)
「キールズ ディープクレンジング ジェル CL」(30mL、ミニサイズ)
「キールズ クリーム SP」(7mL、ミニサイズ)
「キールズ ブラー」(5mL、ミニサイズ)
「キールズ×ラブリ クラッチバッグ」(A4サイズ)
価格:7000円
発売日:2014年10月24日〜11月30日※キールズ原宿店で10月17日から先行販売中

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら