ファッション

「ベストジーニスト」に2年連続で菅田将暉と池田美優が受賞

日本ジーンズ協議会は40回目となる「ベストジーニスト2023」を発表した。SNS調査による投票形式によって決定する一般選出部門では菅⽥将暉と池⽥美優が2年連続で受賞した。協議会選出部門では俳優の松重豊、飯豊まりえ、料理家の和⽥明⽇⾹が、協議会選出部⾨ グローバル特別賞ではバスケットボール選手の富樫勇樹が、次世代部⾨では歌舞伎役者の市川染五郎、モデルの莉⼦、VTuberの叶が選ばれた。また、デニムをはじめとしたさまざまなファブリックの残反を使ったアップサイクルプロジェクト“ピースdeミライ”を実施し、ファッション業界が抱える社会課題に向き合うことに貢献しているとして、協議会選出 特別貢献賞に三越伊勢丹を選出した。

菅⽥は「ジーンズの広告やらせてもらったり、毎週ラジオで写真を撮る時はジーンズをはいていたり、⾃分で⽣地を買いに⾏ってジージャンを縫ってみたり、それを⼤声でTVでお伝えしてきたので色々な⼩さな積み重ねの成果かなと思います。⼀回作ってみると当たり前にある洋服が⼀本⼀本繊維で出来ていて、それが⽣地になり、そして急に洋服に変わる瞬間があるので物づくりにリスペクトがあります。いかに市販されているものがすごいかが分かりますね」と話し、池田は「今は殿堂⼊りまで近づいている気がしており、来年はもっと本気で狙いに⾏きたい」と意気込みを語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

MDの仕事を徹底解剖 3ブランドのMDに密着取材

「WWDJAPAN」2024年6月10日号は、MD(マーチャンダイザー)の仕事を特集します。一般的に「商品計画や販売計画を立てる人」と認識されていると思いますが、実際はどんな仕事をしているのか。これまで光を当てることがなかった、知られざる仕事の全貌を紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。