ファッション

「ケンゾー」が「リーバイス」とコラボ カイハラのプレミアムデニムを使用

ケンゾー(KENZO)」は、「リーバイス(LEVI'S)」とのコラボコレクションを発売した。両ブランドの店舗および公式オンラインなどで販売する。

同コレクションは、デニムに焦点を当て、主にカイハラのプレミアムデニムを用いて制作した。Nigoが、カウボーイや鉱夫のため製造されたアメリカンデニムをはじめ、歴史的なウエアを蒐集していることに加え、デザイナーの髙田賢三がデニムに関心を抱き、1986年に「ケンゾー ジーンズ(KENZO JEANS)」を立ち上げた過去など、さまざまな要素から着想を得ている。

アイテムは、ブレザー(12万1000円〜)やカウボーイシャツ(6万4900円)、タッセルデニムジャケット(14万8500円)、Tシャツ(2万6400円)、ジーンズ(8万5800円〜)、タイ(1万7600円)、バンダナ(2万900円)などをラインアップ。

イメージビジュアルは、中国内モンゴル出身の写真家リュウ・イカ(Ryu Ika)がスチール撮影を、また映画監督の石原海がコレクションムービーを手掛けた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。