ファッション

【スナップ】パリコレの路上からvol.3 圧倒的華やかさだった「ケンゾー」会場の色柄使い

 「ケンゾー(KENZO)」が、2023年春夏シーズンのウィメンズ&メンズ・コレクションをパリで発表した。会場に集ったゲストたちは、花や動物など多彩な色柄で活気に満ちたコレクションに負けず劣らず。就任2シーズン目となるNigo=クリエイティブ・ディレクターが手掛けたコレクションをまとい、ショー会場を盛り上げた。ジェイデン・スミス(Jaden Smith)やアディソン・レイ(Addison Rae)、キット・コナー(Kit Conner)、ガリ(Ghali)、クロエ・チェリー(Chloe Cherry)といったミュージシャンや、ネットフリックス(NETFLIX)ドラマに出演する俳優陣ら、若い世代を代表するセレブリティの姿が目立った。日本からは、動画クリエイターでモデルのkemioと、インフルエンサーのよしミチ兄妹が来場。シグネチャーであるポピーの花柄はもちろん、タイガーのモチーフや、日本とフランスの地図の刺しゅう、作務衣を想起させる羽織りなど、Nigoらしい和洋折衷のスタイルが目立った。同ブランドの着用者以外も、派手なストリートウエアを個性的に着こなすゲストが多かった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。