ファッション

「ユニクロ」が大阪・心斎橋にオープン 21年9月まで営業していたビルに再び

ユニクロ(UNIQLO)」は11月23日に大阪・心斎橋でユニクロ シンサイバシ(UNIQLO SHINSAIBASHI)をオープンする。場所は2021年9月まで営業していたGビル心斎橋03で、B1〜4階までの5フロア(約2380平方メートル)の構成となる。なお、「ジーユー(GU)」との一体型店舗である現・ユニクロ心斎橋店は「ユニクロ心斎橋筋商店街店」と名前を変え、引き続き営業する。

心斎橋筋商店街の入り口に位置するGビル心斎橋03では、ユニクロが2010年から営業していたが、近隣の「ジーユー」との統合のため21年9月に閉店。その後は「イケア(IKEA)」や「シーイン(SHEIN)」がポップアップスペースとして利用していた。

新・ユニクロ シンサイバシではメンズとウィメンズ、キッズ、ベビーをそろえる予定だ。国内外問わず、多くの観光客が訪れる大阪で、多種多様な人々に“ユニクロのライフウエア”を楽しんでもらえる場所を目指す。

■店舗概要
店舗名:ユニクロ シンサイバシ(UNIQLO SHINSAIBASHI)
住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋1丁目2番14号
アクセス:大阪メトロ御堂筋線「心斎橋駅」から徒歩約1分
長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」から徒歩約1分
売り場面積:約720坪 (B1階~4階 / 5層)
取扱商品:メンズ、ウィメンズ、キッズ、ベビー (予定)
オープン日:2023年11月23日 (予定)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。