ファッション

アダストリアがBリーグの「公式審判ウエア」を手掛ける

アダストリアは9月14日、社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(以下、Bリーグ)の新レフェリーウエアを発表した。同社はこのほどBリーグの協賛パートナーに就任し、2023/24シーズンの「公式レフェリーウエア」への提供を開始するほか、プロバスケで重要な役割を果たす「公式レフェリー」の活動全般も支援する。福田泰己アダストリア取締役は「当社は地元の茨城・水戸で活動する茨城ロボッツのスポンサーも務める中で、Bリーグとは、ファッションの力で”グッドコミュニティ”を共創するという部分で共感することが多かった。レフェリー活動の支援を通してBリーグ全体の活性化に寄与したい」という。

選手とともにコートに立ち、試合をコントロールするバスケのレフェリーは、重要な役割を担っており、Bリーグ公認のプロレフェリーはわずか4人のみ。Bリーグは2026年までに10人に増やす計画を立てており、「レフェリーを選手同様に憧れる職業にする必要がある」(島田慎二Bリーグチェアマン)」。「専任」のプロレフェリーの育成を通して、日本のバスケットボール界全体の底上げにつなげる考え。

今回のウエアは、「ニコアンド」の都市型スポーツウエアラインの”ヌメラルズ(NUMERALS)”の商品がベースになっている。Bリーグの掲げる「世界レベルの選手・チームの輩出」「エンタメの追求」「夢のアリーナの実現」という3つの使命にインスピレーションを受けたトライアングル柄がベース。黒とグレーの2色使いで、全体的にストレッチ性をきかせ動きやすさも重視している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。