ファッション

「コム デ ギャルソン・オム」2015年春夏東京 多様な素材で作る軽やかなジャケットスタイル

 「コム デ ギャルソン・オム(COMME DES GARCONS HOMME)」の2015年春夏コレクションは、カジュアルなジャケットスタイルが揃った。ファーストルックはスーツに見られるようなピンストライプのジャケットとクロップド丈にロールアップしたボトムスのセットアップ。ただ、洗いをかけたようなシワ感のある薄手の素材を使うことで、軽やかに仕上げている。その後も、チノやコットン、リネンなどを使ったものから、裏地にドットやギンガムチェックの生地を用いたリバーシブルタイプまで多彩なジャケットに、ロールアップしたボトムスやサイドに少しギャザーを入れたショーツを合わせ、“ワーク”や“ユーティリティ”というキーワードを想起させるスタイルを提案した。インナーに合わせたのは、デザイナーの渡辺淳弥が得意とするパッチワークを施したシャツやカーディガン、そして、手形のグラフィックをのせたTシャツなど。ブラックやネイビー、ベージュなどベーシックな色使いのコーディネートに遊び心を添えた。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら