ファッション

時計「オメガ」がパリ五輪記念モデルを発売 「全アスリートが目指す色」が輝く

オリンピックのオフィシャルタイムキーパーを務めるスイスの時計ブランド「オメガ(OMEGA)」は、来年7月26日に開催されるパリ 2024 オリンピックに向けて“シーマスター ダイバー300M パリ 2024 スペシャル エディション”をパリで発売した。日本での販売は10月を予定し、価格は124万3000円。

ケース径は42mmで、ステンレススチールに「オメガ」独自のイエローゴールド合金“ムーンシャインゴールド”をあしらう。同ブランドは、「ゴールドは全てのアスリートが目指すメダルの色」と話す。

マットなホワイトセラミック製のダイアルは、波模様をレーザーで浮き彫りにしポリッシュ仕上げ。6時位置の黒の日付はパリ 2024 オリンピックのフォントで、秒針の先にはエンブレムをデザインする。さらにケースバックには、同エンブレムや“PARiS 2024”の文字、オリンピックリングを表現する。

ブレスレットは「オメガ」が特許を持つクイックチェンジシステムを備え、別売りのラバーストラップ(青、白、赤)やNATOストラップに簡単に付け替えられる。

「オメガ」は1932年以来、オリンピックのオフィシャルタイムキーパーを担当する。パリ 2024 オリンピックが31回目の大会となる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。