ファッション

時計「オメガ」が再び宇宙へ 人工衛星の清掃ミッションに参加

 世界最大の時計企業であるスウォッチ グループ(SWATCH GROUP)傘下のスイスブランド「オメガ(OMEGA)」はクリアスペース(CLEARSPACE)と提携し、機能を停止した人工衛星などの宇宙ゴミを回収・除去する事業に参加する。1969年、初めて月面で着用された時計である「オメガ」が再び宇宙に飛び立つ。

 現在、地球を周回する人工衛星は数千におよび、そのほとんどが機能停止状態だという。またそれらの宇宙ゴミには、他の人工衛星との衝突や爆発の危険性がある。レイナルド・アッシェリマン(Raynald Aeschlimann)=オメガ社長兼最高経営責任者(CEO)は、「宇宙開発のための大いなるネクストステップであり、アポロ計画以来のエキサイティングなプロジェクトの一つだ」と述べる。

 クリアスペースは2020年に欧州宇宙機関と8600万ユーロ(約111億円)で契約、25年に最初の宇宙ゴミ清掃ミッションを実施する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら