ファッション

ユナイテッドアローズ23-24年秋冬メンズは“ブリティッシュ” 尾花大輔デザイナーとの協業ラインも進化

ユナイテッドアローズは2023-24年秋冬シーズンのメンズ展示会を行った。主要レーベル「ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)」のテーマは“ブリティッシュ”。ピーコートやステンカラーコートといった英国発祥のアウターを、チョークストライプやブラックウオッチなどの柄で提案する。シルエットは少しゆとりを持たせながら、すっきりと見えるバランスを意識した。そこにウエスタンシャツやフェアアイル柄のニットベストなど、アメカジテイストを合わせる。

スーツは趣向性の高さを打ち出す。フロントはダブルブレストで、襟はピークドラペル、色はチャコールグレーやネイビーのほか、発色のいいキャメルなどもそろえる。Vゾーンはアーガイルやレジメンタルのタイで彩る。売り場でよく動くのは、「伸縮性や速乾性のあるテクニカルなセットアップだ」と広報担当者。実需に合わせるために肩パッドをなくし、疲れにくい軽量のウール生地で仕立てた。「コンフォートな機能スーツが人気な一方で、感度の高い顧客の間では、多少着づらくても趣向性の高いスーツスタイルを楽しもうという傾向が生まれている。私たちもそこに共感している。ファッションの原点に立ち返り、メンズの装いの楽しさを伝えたい」。

「ユナイテッドアローズ&サンズ(UNITED ARROWS & SONS)」は、「エヌハリウッド(N.HOOLYWOOD)」の尾花大輔デザイナーとの協業ライン“ユナイテッドアローズ&サンズ バイ ダイスケ オバナ(UNITED ARROWS & SONS BY DAISUKE OBANA)”を秋冬向けにアップデートする。同ラインの特徴は薄く軽やかな生地感だが、顧客から「秋冬には肌寒い」という声があった。そこで軽快な見た目と伸縮性、洗濯可能なイージーケアはそのままに、小松マテーレとともに新開発した裏起毛素材を使った。幅広い体形に対応するため、XLサイズも拡充した。また、「サルバム(SULVAM)」の藤田哲平デザイナーがデザインした、面裏を裏返したようなパーカや、「プロダクトトゥエルブ(PRODUCT TWELVE)」の川瀬正輝デザイナーが手掛けたアイテムなども企画した。「買い付けているブランドのデザイナーと協業し、定番アイテムに一癖を加えた、ここにしかないオリジナルを提案する」。

よりトレンドを意識した「エイチビューティ&ユース(H BEAUTY&YOUTH)」は、レザーアイテムが充実する。リアルレザーのパンツは11万円と高額だが、「コアな顧客には刺さる」とワイドとストレートの2型を用意した。「レザーのハードな印象をやわらげる色」として、薄いクリーム色のニットアイテムやスエットアイテムを豊富にそろえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。