ファッション

「コム デ ギャルソン」とドーバーのアーカイブセールが7年ぶりにNYで開催 最大80%オフに

「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」のアーカイブアイテムを販売するイベント“マーケット マーケット(Market Market)”が、再びニューヨークでオープンした。開催日時は6月8〜11日の10〜19時で、場所は866ユナイテッド・ネーションズ・プラザ。毎朝8時に列が作られ、入場用のリストバンドが配られる。

今回のセールでは、「コム デ ギャルソン」のアーカイブアイテムに加えて、ドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)のセレクト品を最大80%オフで販売。内容の詳細は明らかでないが、会場は2フロアにわたる約5574㎡と広いスペースのため、かなりの点数が並ぶと思われる。また、商品は開催期間中、毎日追加されるという。

前回の開催は2016年で、「コム デ ギャルソン」を着用した大勢のファンが長蛇の列をなし、話題になった。今回は7年ぶりの開催となり、ニューヨークのビジュアルチームが特別に内装デザインを手掛けた。「コム デ ギャルソン」とドーバー ストリート マーケット米国事業のジェームス・ギルクリスト(James Gilchrist)=バイス・プレジデントは、「これはチーム全体が一丸となって取り組む特別なイベントの1つだ。顧客の皆さんを迎えることをとても楽しみにしている」とコメントした。

なお、東京では6月8日から7月2日まで「コム デ ギャルソン」の名作アーカイブ約140点の展示・販売を行うイベント「コム デ ギャルソン: ザ アーカイブス」を実施している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。