ファッション

「ユニクロ」×カリーヌ春夏物 青山で発売前日試着イベント

 ファーストリテイリング傘下の「ユニクロ(UNIQLO)」は、1月22日からファッションエディターのカリーヌ・ロワトフェルドとのコラボレーションラインの2016年春夏コレクションを発売した。

 前日の21日に、東京・青山のニコライ バーグマン ノムで、インスタグラマーを招待した試着&撮影イベントを開催した。会場は、全コレクションの中からコーディネートを組み試着する人で賑わった。

 トークショーでは、「ユニクロ」のデザインディレクターを務める滝沢直己氏「ハーパーズ バザー(HARPER'S BAZAAR)」編集長の塚本香、モデルのエリーローズの3人が登壇。カリーヌの服作りへのこだわりや彼女自身について、「妥協がない。」「芯がある憧れの女性で、とても影響を受けている」などと語った。


 当日の様子やコーディネートは#carineroitfeldxuniqloでSNS上でも拡散されている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら