ファッション

ファッションで社会課題の解決を目指す「ココ」が国際的広告賞で2冠受賞

NPO法人ディアミー(DEAR ME)の西側愛弓代表によるファッションブランド「ココ(CO×CO)」はこのほど、フィリピンの子どもたちと製作した“アップサイクルアート”において、国際的な広告賞「第102回ニューヨークADC賞」のゴールドとメリットの2冠を受賞した。

「アップサイクル アート」は、アートディレクターの橋本明花と、高松裕美・高梨大輔によるユニット、ビタミンと共に企画した。ディアミーが継続的に支援するフィリピンの子どもたちが「夢」をテーマに描いたアートを、購入者が選んだ「ココ」の商品に刺しゅうするという内容だ。アートは全6種類をそろえる。1つの刺しゅうにつき、ディアミーがフィリピン・マニラに開校したファッションスクール「ココラボ(CO×CO LAB)」の生徒1人にデッサンセット1式が届けられる仕組み。

同社によると、「このプロジェクトは、テレビやSNSを通じて拡散されて大きな反響があり、世界中の人々に参加して頂いた。それにより、フィリピンの貧困地区で生きる子どもたちの現状を、多くの人々に伝えることができた点を評価して頂いた」という。

「ココ」は「服のかたちをしたメディア」をコンセプトに、ファッションを通した社会課題の解決を目指す。廃棄衣料や海洋汚染などをテーマに、リサイクル素材や残布を用いたアイテムを製作してポップアップイベントや自社ECで販売する。2015年からフィリピンで「夢を描くこと」をテーマにしたファッションショーを計9回開催した。

今年2月に開校したファッションスクール「ココラボ」は、マニラの貧困地区で暮らす人々を対象にデザインや縫製などの教育機会を無償で提供する。初年度は16〜23歳の男女の計10人が在籍し、現地の専門学校の先生が授業を行う。また、技術教育だけでなく、SDGsや性教育の授業も実施する。

西側代表は「15年からフィリピンで活動してきたNPOでの活動と、『ココ』の取り組みが循環する企画が、こうして歴史あるNYの広告賞で評価いただけたこと非常に光栄だ。今度も『アップサイクルアート』が国を超え、フィリピンはじめ、世界中の子どもたちの夢を応援していく役割になれたら嬉しい」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。