ファッション

「ジル サンダー」がホリデーシーズンの新作カプセルコレクション“インダルジェンス”を発表

 「ジル サンダー(JIL SANDER)」は、ホリデーシーズンの新作カプセルコレクション“インダルジェンス(INDULGENCE)”を発表した。11月25日からスモールレザーグッズやバッグを、12月中旬からウエアやシューズなどを販売し、公式オンラインストアや直営店、一部のセレクトショップで取り扱う。

 “インダルジェンス”は、2017年からクリエイティブ・ディレクターを務めるルーシー&ルーク・メイヤー(Lucie & Luke Meier)のいくつかの代表作を、職人たちの手によって素材やディテールなどをクチュールのようにアップデートしたコレクションだ。ラインアップするのは、ニット(税込37万700円)やスカーフ(同9万200円)、サンダル“クロッグ(CROG)”(同21万2300円)、マルチポーチ(同15万1800円)など。どのアイテムもバターやクリーム、ライトグリーン、ペールイエロー、コーラル、ピーチなど、淡く優しい色彩を採用している。

 なお、直営店でスモールグッズを税込5万円以上購入すると、「ジル サンダー」22-23年秋冬コレクションに登場したプリントのスカーフでギフトラッピングされる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。