ファッション

「マルジェラ」×「リーボック」の新作シューズが発売 経年変化を取り入れたデザイン

 「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」は「リーボック(REEBOK)」とのコラボシューズの新作を11月18日に発売した。価格は税込14万8500円で、カラーは3色をそろえる。公式オンラインストアと一部直営店で取り扱う。

 今回の新作は「リーボック」のオリジナルデザインに「メゾン マルジェラ」の精神である時の痕跡と解体のアイデアを吹き込んだものだという。ベースは1990年に発売され、バスケットボール選手のドミニク・ウィルキンス(Dominique Wilkins)により知られる存在になった「リーボック」の“TZ ポンプ(TZ Pump)”だ。

 シューズは、水によって化学的に分解される加水分解をベースに時間の経過によって起こす変化を取り入れたデザイン。アッパーは「リーボック」がアーカイブとして保管していたオリジナルの“TZ ポンプ”を3Dスキャンし、染色とディストーションでエイジング加工を施したものだ。ミッドソールには、ひび割れ加工とハンドペイントを施している。

最新号紹介

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。