ファッション

「アクネ ストゥディオズ」が没後40年のラリー・スタントンのカプセルコレクションを発売 青山店では展示会も

 「アクネ ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)」はこのほど、没後約40年となるアーティストのラリー・スタントン(Larry Stanton)の芸術的才能を称え、彼のアートワークをフィーチャーしたカプセルコレクションを発売した。また、舞台ディレクターでセットデザイナーのファビオ・ケルスティッチ(Fabio Cherstich)がキュレーターを務めた展示会を、11月17〜27日に青山店で開催する。

 コレクションは、スタントンの個性的な肖像画や色彩を模したデザインのアイテムを用意。自画像が描かれたパープルのTシャツ(税込3万4100円)や、入院中のスタントンが記した言葉を描いたTシャツ(同3万4100円)、プールの絵をプリントしたスカーフ(同3万4100円)、ポートレートを描いたブランケット(同7万8100円)、プールの絵をランプシェードにプリントしたランプ2点(各同2万6950円)をラインアップする。

 展示会のキュレーターであるケルスティッチは、スタントンのパートナーのアーサー・ランバート(Arthur Lambert)とともに、スタントンの作品を紹介することを目的としたプロジェクト「The Estate of Larry Stanton」を設立した。また、そのきっかけとなった、「アクネペーパー(ACNE PAPER)」の最新刊17号(同5500円)も販売する。展示会は東京のほか、ミラノ、ソウル、ニューヨークでも開催する。

 スタントンは1947年ニューヨーク州デルハイの農村に生まれた。18歳でマンハッタンに移り、1984年に37歳でエイズによって亡くなるまでニューヨークで活動。カプセルコレクションの販売収益は全て、ニューヨークを拠点にエイズの啓発に取り組む現代アート団体「ヴィジュアル・エイズ(Visual AIDS)」に寄付される。

■東京展覧会
会期:11月17日~27日
場所:Acne Studios Aoyama
住所:東京都港区南青山5丁目3−20

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。