ファッション

「キス」×BMWコラボ第2弾 アパレルからホームグッズまで51点

 ニューヨーク発のライフスタイルブランド「キス(KITH)」は、ドイツの自動車メーカーBMWとのコラボレーション第2弾となるコレクションを、キス トウキョウで10月8日に発売する。今回の協業は、BMW初の電気自動車“1602”モデルと“BMW Mシリーズ”の誕生50周年を祝したもので、アパレルとアクセサリー51点で構成する。アイテムの販売と合わせて、コラボカー“BMW i4 M50 by Kith”の注文をBMVの公式ECサイトで受け付ける。日本では1台限定で販売する。メーカー希望小売価格は1593万円。

 アパレルは、“1602”モデルと“i4 M50”モデルに着想を得て、グリーンとキャメルブラウンをキーカラーに採用した。イタリアンレザーとウールのアウターや二重織りのコーチジャケットのほか、BMWのビンテージの広告をプリントしたTシャツなどがラインアップ。レザーのキーホルダーや傘、サングラス、スノーボード、キャンドルなど、アクセサリー雑貨も豊富にそろえる。

 コレクション発売に合わせ、「キス」創設者でBMW愛好家のロニー・ファイグ(Ronnie Fieg)がデザインしたBMWの新車“BMW i4 M502”と、個人所有車を含む7台を、競売会社サザビーズ(SOTHEBY'S)によるオークションに出品する。オークションはサザビーズのサイト内で14日まで開催中だ。落札者には、コラボコレクションの中からアパレルとアクセサリーを贈呈する。また、オークションの収益の一部は、東アフリカの生態系と生物多様性を保護し、地元マサイ族のコミュニティに貢献することを目的とした非営利団体に寄付する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。