ファッション

ビームスの伝統文化を継承するプロジェクト 日本橋三越でポップアップ開催

 ビームスは、佐藤幸子「ビームス プラネッツ(BEAMS PLANETS)」ディレクターが監修したプロジェクト“コーリング ビームス クラフト イン ザ メーキング(CALLING BEAMS CRAFTS IN THE MAKING)”のポップアップストアを日本橋三越本店で8月24日〜9月6日に開催する。

 同プロジェクトは、日本の伝統文化を取り入れたモノづくりを未来に継承するため、2021年秋冬シーズンに3ブランドで始動した。昨年は、重要無形文化財の久留米絣を取り入れたリラクシングウエアブランド「カスリ(CATHRI)」、佐賀県肥前の陶磁器をジュエリーに再構築した「ヒゼン ジュエリー(HIZEN JEWELRY)」を取り扱っていた。

 今回は「カスリ」「ヒゼン ジュエリー」に加え、兵庫のタンナーがレザーをさまざまなアイテムに落とし込んだ「ひょうごレザー(HYOGO LEATHER)」が参加する。2020年に誕生した「カスリ」は、エイジレスで普遍的なアイテムを志向し、アートのような絣(かすり)をデザインに落とし込んだ。通常のコレクション販売だけでなく、新作の先行受注会も開催する。「ヒゼン ジュエリー」は、肥前地区5つの窯元の陶磁器をベースに、産地ごとに特性が異なる陶磁器をジュエリーで表現している。「ひょうごレザー」は、排水などの廃棄物処理を適正に管理する工場で作られた革を使い、ベーシックなアイテムをそろえる。

■Calling BEAMS CRAFTS IN THE MAKING
会期:8月24日〜9月6日
時間:10:00〜19:00
場所:日本橋三越本店 本館5階 スペース#5(東京都中央区日本橋室町1丁目4-1)

最新号紹介