ビューティ

「RMK」から20色の単色アイシャドウ誕生 使いやすいブラウン系からレッドやモスのアクセントカラーまで

 「RMK」から10月7日、20色の単色アイシャドウ“インフィニット シングル アイズ”(全20色、税込各2750円)が登場する。シマー、グリッター、マットの3種の質感をそろえ、単色でもレイヤード使いでも目元に一体感と透明感をもたらす。

 “インフィニット シングル アイズ”は、ベージュやブラウンがベースの使いやすいカラーにレッドやモスなど遊び心のあるアクセントカラーをラインアップ。指先でもブラシでぼかしても肌に一体化するようにフィットする処方設計が特徴だ。

 3種のテクスチャーを用意し、パールをブレンドしたシマーは、粘度の高いオイルを高配合・高分散してしっとり感をアップするブランド初の“クリーミィメルト処方”を採用。輝度の高いパールが目元をクリアに輝かせる。大きなパールが引き立つグリッターは、肌なじみの良いオイルを配合した“グロウメルト処方”によりアイシャドウが肌にふんわりと密着。ほどよい艶と透明感を与えるマットは、すべりの良いパウダーやオイルを含んだ“スムースメルト処方”により伸びが良く、ぼかしやすいテクスチャーに仕上がっている。

 また、同日に発売する“パーソナライズ ケース”(税込1320円)は、“インフィニット シングル アイズ”を自由に組み合わせてセットできるカスタマイズケース。ブランドのアイシャドウ4色、アイシャドウ2色+チーク1色、チーク2色といった、3パターンの組み合わせができる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら