ファッション

【スナップ】「シャネル」のオートクチュールショーにキーラ・ナイトレイやマリオン・コティヤール、パク・スジュらー

 「シャネル(CHANEL)」は、フランス・パリのエトリエ馬術センターで2022-23年秋冬オートクチュール・コレクションを7月5日に発表した。

 コレクションでは、フランス人アーティストのグザヴィエ・ヴェイヤン(Xavier Veilhan)が、ヴァーチャルとフィジカルな空間の融合を目指して特注セットをデザイン。ヴィルジニー・ヴィアール(Virginie Viard)「シャネル」アーティスティック ディレクターが、オートクチュール特有の感情や親密さを表現したクリエイションを披露した。

 会場には、アンバサダーである、女優のキーラ・ナイトレイ(Keira Knightley)、マリオン・コティヤール(Marion Cotillard)、モデルでDJのパク・スジュ、モデルのカロリーヌ・ド・メグレ(Caroline de Maigret)をはじめ、ラッパーのアブダル・マリック(Abd al Malik)、シンガーソングライターのセバスチャン・テリエ(Sebastien Tellier)、映画監督のオードレイ・ディヴァン(Audrey Diwan)、モデルのヘイリー・ゲイツ(Hailey Gates)、女優のシガニー・ウィーバー(Sigourney Weaver)、モデルで女優のイマン・ペレス(Iman Perez)、シンガーソングライターでモデルのリナ・サワヤマら豪華セレブリティーが来場し、ショーを楽しんだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。