ビジネス

そごう・西武売却 ソフトバンク系の米ファンドが優先交渉権

 セブン&アイ・ホールディングスが進める子会社そごう・西武の売却に関して、米投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループが優先交渉権を得たようだと3日にメディアが相次ぎ報じた。最終合意に向けて売却額や従業員の雇用、全国に10ある店舗の扱いなどを詰める。

 売却を巡っては、2月に一次入札、5月に二次入札が行われ、フォートレスのほか、米ローン・スターグループ、シンガポール政府系GICの計3社の投資ファンドが応札していた。その中でフォートレスが2000億円以上の最大の提示額を出したもようだ。

 フォートレスはソフトバンクグループ傘下の投資ファンド。不動産会社レオパレス21、ゴルフ場運営アコーディア・ゴルフ・グループへの投資で実績がある。一部報道では、そごう・西武の再建にあたって家電量販大手のヨドバシホールディングスと連携する協議も進められているという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。