ビジネス

そごう・西武売却 ソフトバンク系の米ファンドが優先交渉権

 セブン&アイ・ホールディングスが進める子会社そごう・西武の売却に関して、米投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループが優先交渉権を得たようだと3日にメディアが相次ぎ報じた。最終合意に向けて売却額や従業員の雇用、全国に10ある店舗の扱いなどを詰める。

 売却を巡っては、2月に一次入札、5月に二次入札が行われ、フォートレスのほか、米ローン・スターグループ、シンガポール政府系GICの計3社の投資ファンドが応札していた。その中でフォートレスが2000億円以上の最大の提示額を出したもようだ。

 フォートレスはソフトバンクグループ傘下の投資ファンド。不動産会社レオパレス21、ゴルフ場運営アコーディア・ゴルフ・グループへの投資で実績がある。一部報道では、そごう・西武の再建にあたって家電量販大手のヨドバシホールディングスと連携する協議も進められているという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら