ファッション

どうなる「そごう・西武」売却問題:記者談話室vol.18

 「WWDJAPAN」ポッドキャストの「記者談話室」は、ファッション業界のその時々のニュースや話題について、3人の記者が分かりやすく解説したり、時には脱線したりしながら、掘り下げていきます。

 第18回は「どうなる『そごう・西武』売却問題」です。セブン&アイ・ホールディングスが傘下で百貨店を運営するそごう・西武を売却することが明らかになりました。そもそもそごう・西武とはどんな企業なのか、なぜ売却されるに至ったのか、今後どうなるのか、などについて考えます。

【今回のキーワード】
1月31日の日経スクープ/ミレニアムリテイリング/西武百貨店出身の和田氏/セブンのカリスマ鈴木敏文氏/コンビニ、スーパー、百貨店の総合小売業/「リミテッドエディション」/カール・ラガーフェルド、高田賢三、ジャン=ポール・ゴルチエ/オムニセブン/2016年のクーデター/28店舗から10店舗へ/回転レストラン/西武池袋本店の特選はすごい/ウォルマートのデジタルトランスフォーメーション/中流社会の衰退/J.フロント テイリングの山本氏/販売力/不動産しか価値がない?/楽天、アマゾン、Zホールディングス

WWDJAPAN PODCAST
WWDJAPAN PODCAST
どうなる「そごう・西武」売却問題:記者談話室vol.18
/

出演者:
林芳樹(はやし・よしき):1972年、千葉県生まれ。大学卒業後、出版社勤務を経て、98年に業界紙の日本繊維新聞社に入社。広告営業を経て編集記者になり、メンズウエア、スポーツウエア、SPAなどを取材する。2009年2月にINFASパブリケーションズに入社。「WWDジャパン」編集部に配属され、主にビジネスニュースを担当する

横山泰明(よこやま・やすあき):1978年生まれ。繊維・ファッション業界紙「日本繊維新聞」の記者を経て、2010年から「WWDジャパン」で記者。合繊メーカー、素材、商社、EC、ファッションビル、ショッピングセンターを担当。東京外国語大学ヒンディー語専攻出身

五十君花実(いそぎみ・はなみ):1983年、愛知県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、2006年に繊研新聞社に記者として入社。大手アパレル、セレクトショップ、百貨店、デザイナーズブランド、海外コレクションなど一通りの分野を経験した後、2018年3月にINFASパブリケーションズに「WWDジャパン」記者として入社。同年5月からニュースデスク。現在の取材分野はグローバルSPA、ウィメンズアパレル、百貨店など

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら