ファッション

「ナイキ」と「ジャックムス」のコラボアイテムが8月発売 ニットウエアやスニーカーなど

 「ナイキ(NIKE)」は、「ジャックムス(JACQUEMUS)」とコラボレーションしたコレクションを8月5日に発売する。「ナイキ」の公式オンラインストアとアプリ、ナイキラボ MA5(NIKE LAB MA5)、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)などで取り扱う。

 コレクションは女性に焦点を当て、日常生活になじむスポーツスタイルを提案する。アイテムは、1997年発売のトレイルランニングシューズ“エア フマラ(AIR HUMARA)”がベースのスニーカー(税込1万9800円)をはじめ、背中が大きく開いたニットウエア(同1万5400円)やブラトップ(同9900円)、スカート(同1万4300円)などバリエーション豊富にそろえる。いずれもクリームやブラウン、ネイビーなど落ち着いたカラーを用いている。

 「ナイキ」との協業について、「ジャックムス」デザイナーのシモン・ポート・ジャックムス(Simon Porte Jacquemus)は次のようにコメントしている。「『ナイキ』とタッグを組んだことは本当に大きな意味を持ちます。この 13 年間で『ジャックムス』として創り上げてきたものが成長してきたことを誇りに思いますし、世界最大のブランドの一つとコラボできるという夢がかなった瞬間でもあります。私たちが今協力して作り出すものによって、次の世代のアスリートに感動や影響を与えることができるのです」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら