ファッション

「ジーユー」2022年秋物はスポーツ×クラシック ウィメンズは引き続きカラーパンツ推し

 「ジーユー(GU)」の2022年秋物は、“スポーツ・クラシック”がテーマ。ウィメンズでは、今春夏にヒットしたカラースラックス(1690円)に続くアイテムとして、豊富な色柄の“プルオンパンツ”(1990円)を企画し、スタイリングの軸にする。ウール調に見えてセンターシーム入り、ただしウエストはドローストリングで着心地は楽という点が売りだ。

 立ち上がりの7月は、“プルオンパンツ”にシースルートップスやクロップド丈のカーディガンをコーディネート。8月、9月とシーズンが進むにつれ、そこにレトロ柄のニットベストやダブルブレストのブレザー、ツイードジャケット風のカーディガンなどの羽織りものを合わせる。

 雑貨では、昨年もヒットしたチェルシーブーツ(2990円)を8月下旬から投入。クロワッサン型のワンハンドルショルダーバッグなど、旬の“Y2K”ムードの雑貨もそろえる。

 メンズは、今春夏に好評だった“スウェT”の進化版として、カレッジロゴ入りやハーフジップアップディテールなどのプレッピーテーストの5分袖トップス(1990円前後)を推す。ボトムスはセンタープレス入りのクリーンなパンツや、サイドライン入りのトラックパンツ(各1990円)など。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら