ファッション

「ナイキ」と韓国の人気スニーカーショップ「カシーナ」がコラボ“エア マックス 1”を発売 オシドリに着想した2色

 「ナイキ(NIKE)」は、韓国を代表するスニーカーショップ「カシーナ(KASHINA)」とコラボレーションした新作スニーカー“エア マックス 1 ウォナン(AIR MAX 1 WON-ANG)”を6月8日に発売する。価格は税込1万9800円で、「ナイキ」のスニーカー専用アプリ「スニーカーズ(SNKRS)」などで取り扱う。

 両社のコラボは2回目で、2020年に発売した“ダンク(DUNK)”以来2年ぶり。今作は、“エア マックス 1”の誕生35周年と「カシーナ」のオープン25周年を記念するダブルアニバーサリーモデルで、 オシドリに着想した2色を用意する。アッパーは、ハラコ素材や毛足の長いスエードや、タンブルレザーなど複数の異素材で構成し、アウトソールにはクリアラバーを採用。また、トーガード横にスウッシュと花を組み合わせたグラフィックを刺しゅうし、シュータンには「カシーナ」を意味するハングル語を配した。さらに、韓国の伝統工芸品である木彫りのオシドリをモチーフにしたキーリングが付く。

 「カシーナ」は、元プロスケートボーダーのイ・ウンヒョク(Lee EunHyuk)が1997年にオープン。韓国のストリートシーンで人気が高く、2017年には「アディダス(ADIDAS)」とのコンセプトストア「DAS107」をソウル市内にオープンした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら