コレクション

「ラフ・シモンズ」2016-17年秋冬パリ・メンズ・コレクション

REPORT

会場は迷路のように細いランウエイがぐるぐると張り巡らされ、観客はその通路の脇からスタンディング形式でルックを追うことになった。お立ち台のようなステージの下からルックを見上げるスタンスで観た前回から一転、目線はモデルたちと同じ。そんな演出は、相次いで出てきたビッグボリュームのスクールボーイズが抱える“等身大の悩み”を同じ目線で感じられる効果をもたらすことになる。不気味なナレーションが響き、まるで「ホーンテッドマンション」のような世界の暗闇の中、ショーはスタートした。

迷路の森の中から出てきたコレクションは、極端なほどに大きいシルエットが強烈なインパクトを放つ。ポンチョのように大きいコクーンを描いたチルデンニットは、彼らの制服なのだろう。体のラインがわからないほどすっぽり覆い隠してしまう、異様なフォームだ。裾はちぎられたようにほつれ、青臭さをあえて壊している。その特大ニットの上に無理やり着せたステンカラーコートから袖はルーズに飛び出し、対してタイトなスラックスは7分丈のつんつるてんなシルエット。それは思春期から大人に“脱皮”する最中か、もしくは逆に大人が内面に持つ少年性か。不気味でメランコリックな学生たちは、大人の階段を上ることに憂鬱を感じている。コクーンニットやふわふわの大きなダウンは、そんな彼らを優しく包む防護服だ。

今季のメンズは、ボアのアウターやモヘアのニットなど、ふわふわの柔らかい素材感のユルいスタイルが各都市にあふれている。ソフトな洋服に包まれたい、そんな彼らの甘えん坊な一面が垣間見えるよう。その内面を、極端な方法ではあるが強調したのがラフかもしれない。また、この“等身大の悩み”は、業界のトップランナーの一人としてハードワークを全力疾走し続けてきたラフが息切れし、改めて自身のライフスタイルを見つめ直し葛藤したのか、と推測せずにはいられない。彼のスタンスでありながらも、いつも以上にメランコリックなムードを感じたコレクションだった。

LOOK