ファッション

サンローランが衣装を手掛けたバレエ「ノートルダム・ド・パリ」が6月に上演 モンドリアンルックも登場

 牧阿佐美バレヱ団は6月11、12日に、仏のバレエ振付家、故ローラン・プティ(Roland Petit)による「ノートルダム・ドパリ」を東京文化会館で上演する。プティによる同演目は1965年にパリ・オペラ座で初演されており、衣装はイヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)が手掛けた。今回の公演でもサンローランによる衣装が楽しめる。

 ムッシュ・サンローランがアイコンの一つであるモンドリアンルックを発表したのが初演と同じ65年。「ノートルダム・ド・パリ」でも兵士の衣装などにモンドリアンルックが採用されているほか、色鮮やかな衣装は見所の一つとなっている。音楽は映画「アラビアのロレンス」なども手掛けた仏の作曲家、故モーリス・ジャール(Maurice Jarre)が担当。ジャン・コクトー(Jean Cocteau)やパブロ・ピカソ(Pablo Picasso)とも親交があったというプティだからこその、同時代の芸術家たちの粋を集めた演目となっている。

 主役のカジモドを演じるのは、パリ・オペラ座バレエ団エトワールのステファン・ビュリオン(Stephane Bullion)と、牧阿佐美バレヱ団の菊池研。エスメラルダはローマ歌劇場エトワールのスザンナ・サルヴィ(Susanna Salvi)と、牧阿佐美バレヱ団の青山季可。

 チケットは全席指定で2000円から。11日のS席は1万3000円、12日のS席は1万5000円。

 ちなみに、ローラン・プティの母親ローズ・レペット(Rose Repetto)はバレエシューズやダンス用品「レペット(Repetto)」の創業者。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら