ファッション

渋谷パルコがGWにイベントを連発 よしもと芸人とのコラボ商品発売など

 渋谷パルコは4月29日から5月8日の期間、“PLAY PARCO”と題したキャンペーンを行う。

 目玉は吉本興業との協業で、4階のセレクトショップ「ニュースタア」では、よしもと芸人とコラボした商品を発売する。ダイアンはデザイナー・ホリヒロカズによるブランド「健康(ヘルシー)」とタッグを組んで刺しゅう入りの商品を販売し、チュートリアルの徳井義実はバイヤーとなって観葉植物や鉢をセレクト。男性ブランコはイラストレーターいとうひでみと共に、男性ブランコのコントを題材にいとうが描いた絵を用いた雑貨などを販売。原画展も行う。

 地下1階の飲食フロア、カオスキッチンでは、蛙亭が「うどん おにやんま」とコラボ。イワクラの地元である宮崎県の名物、チキン南蛮を使った“チキン南蛮ぶっかけうどん”(税込770円)を提供する。そいつどいつは「串カツあらた」と、市川刺身の名前から着想した“刺身串”(350円〜)などを販売する。

 さらに、渋谷パルコ内の店舗で3000円以上(合算不可)購入した客に、ヨシモト∞(無限大)ホールの招待券(2人以上の来場で1人が無料)を1枚プレゼントしたり、対象期間中の同ホールの公演チケットを持参した客にサービスを実施したりする。

 渋谷パルコはほかに、人気キャラクター“ちいかわ”と渋谷パルコに出店するブランドがコラボした商品の発売や、フォトブースの設置も行う。さらに糸井重里が主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」や、航空会社のピーチが提供する行き先が選べない「旅くじ」などとも協業する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら