ビューティ

3月のヒットランキング「シャンプー&コンディショナー」TOP5「ビープル」編 “シャンプーバー”需要が高まる

有料会員限定記事

 おうち美容需要で好調といわれる「シャンプー&コンディショナー」。実際に売れているアイテムは何か?ビープルに調査した(集計期間:2022年3月1~31日。この記事はWWDジャパン2022年4月25日号からの抜粋に加筆をしています)

【ビープル「シャンプー」売り上げTOP5】

1位 「ザ パブリック オーガニック」“スーパーポジティブ ダメージリペア シャンプー”(480mL、税込1738円)
2位 「エコストア」“シャンプーバー(ドライ&ダメージ)”(100g、税込1540円)
3位 「ママベビー」“ベビーシャンプー”(500mL、税込1650円)
4位 「エコストア」“シャンプーバー(スムース&モイスト)”(100g、税込1540円)
5位 「オーバイエッフェ」“モイストシャンプー”(250mL、税込3080円)

 全体傾向について永田純子ビープルPR担当は「エコ・エシカルを大切にする人が増えており、プラスチックごみを減らせるバータイプの需要が高まっている。エッセンシャルオイルの香りによる自然で芳香豊かなシャンプーも根強い人気だ。日本の原材料を使用したアイテムや、日本人の髪質をより考えたブランドが入っていることも特徴的。カテゴリーの上位アイテムは前年同月比5%増と微増傾向」と話す。

この続きを読むには…
残り2070⽂字, 画像12枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら