ファッション

デジタルアーティストK2ことSora Aotaがストリートウエアブランド「アーケニー」立ち上げ

 デジタルアーティストのK2ことSora Aotaが、ストリートウエアブランド「アーケニー(ARTCHENY)」を立ち上げた。同氏がデザインを手掛けたファーストコレクションを、アメリカ・ニューヨーク市マンハッタンの375ショールーム(375 Showroom)で4月23、24日(現地時間)に開くポップアップストアで販売する。同店のオープン前日には、ヒップホップDJのフー・キッド(WhooKid)らを招いたレセプションパーティーを開催。その後は東京をはじめ、ヨーロッパの各都市や上海、ソウル、台湾などを巡るワールドツアーを予定しており、東京でのポップアップストアは6月に実施する。

 Sora Aotaは、iPadで描くSF風デジタルアートが特徴の20歳だ。ツイッターに投稿していたファンアートをきっかけに、ヤング・サグ(Young Thug)やトリッピー・レッド(Trippie Redd)らUSラッパーたちのアルバムのアートワークを描いた。

 ブランド名の「アーケニー」は、“芸術(ART)”“化学反応(CHEMISTRY)”“錬金術(ALCHEMY)”を組み合わせた造語。彼自身のアート作品を落とし込んだアイテムを軸に、クラシックを現代的に解釈したシルエットで、伝統的な手法と細部にこだわったコレクションを提案する。ファーストコレクションとなる2022年春夏シーズンは、“はみ出し者の神話(Misfit myth)”をテーマに全て日本で制作した。フーディーやTシャツ、オープンカラーシャツなどのベーシックなアイテムは、シルエットを重視しながら加工などでギミックを盛り込み、漫画家のJUN INAGAWAとコラボレーションしたアイテムもそろえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。