ファッション

「G-SHOCK」が“時計じゃない”商品を扱う新プロジェクト 第1弾はデニムアイテム

 カシオ計算機の「G-SHOCK」はこのほど、ブランド初の“時計じゃない”商品を扱うプロジェクト“G-SHOCK プロダクツ”を立ち上げた。同プロジェクトでは、ビームス(BEAMS)をパートナーに迎え、オリジナルのライフスタイルグッズに加え、コラボレーション商品などさまざまなアイテムを取り扱う。

 プロジェクトの第1弾は、デニムにフォーカスしたコレクションを製作した。素材には、コーデュラ®糸を加えて折り上げた14オンスのデニムを採用。袖をまくらずに時間を確認できる“ウォッチ ウィンドウ フラップ”を備えたデニムジャケット(税込2万9700円)、ガジェット用ポケットを含む6ポケットのデニムジーンズ(同1万9800円)、ポケットに“G”マークをステッチしたTシャツ(同7700円)をそろえる。

 ジャケットとジーンズは、CASIOオンラインストアで4月11日12:00に予約を開始し、4月20日に発売する。Tシャツは、同店で5月12日12:00予約開始、5月18日に発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら