ファッション

山縣良和のここのがっこうが富士吉田で展覧会 「トモ コイズミ」などを輩出

 「リトゥンアフターワーズ(WRITTENAFTERWARDS)」の山縣良和が主宰するファッションの私塾、ここのがっこうは4月16〜24日、2021年度の受講生の展覧会を開く。これまでは都内で開催してきたが、今回は織物産地としてファッションのモノ作りとも関係性が深い山梨・富士吉田が舞台。市内のホテルやアートギャラリーなど4カ所で展示を行う。

 富士吉田は「東京から最も近い繊維産地。(同地での開催は)デザイナーとモノ作りの現場を今まで以上に接近させることを目的とした、未来へつなげる試み」という。ここのがっこうとふじよしだ定住促進センターの共催という形を取っている。

 山縣は自身のブランド「リトゥンアフターワーズ」の活動と並行し、2008年にここのがっこうをスタート。卒業生には19-20年秋冬のニューヨーク・コレクションでのプレゼンテーション以来、一気にグローバルな存在になった「トモ コイズミ(TOMO KOIZUMI)」の小泉智貴などがいる。こうした後進の育成が評価され、ここのがっこうは21年に「毎日ファッション大賞 鯨岡阿美子賞」も受賞している。

■coconogacco exhibition 2022
開催期間:4月16〜24日

開催場所:
FUJIHIMURO
山梨県富士吉田市富士見1-1-5

SARUYA HOSTEL
山梨県富士吉田市下吉田3-6-26

SARUYA Artist Residency
山梨県富士吉田市下吉田3-28-8

吉田の蔵ブラザーズ
山梨県富士吉田市下吉田2-1-25

開催時間:11〜17時(ただし16日は12〜17時、24日は11〜16時)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。