ファッション

東京・渋谷の2大クラブ「コンタクト」と「ビジョン」が閉店 周辺地域の再開発で

 グローバル・ハーツが運営する、東京・道玄坂のクラブ「サウンド ミュージアム ビジョン(SOUND MUSEUM VISION以下、ビジョン)」と「コンタクト(Contact)」が9月に閉店する。閉店理由は共に渋谷区道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業の施工に伴う入居ビルの取り壊しで、「ビジョン」は9月3日が、「コンタクト」は同月17日が最終営業日となる。

 グローバル・ハーツによると、数年前から入居ビルの取り壊しは決定していたが、昨年になって具体的な話がまとまったという。各店舗の移転先などについては明らかになっておらず、オフィシャルサイトなどを通じて今後の情報を発表予定だ。

 「ビジョン」は、2011年10月28日にオープン。都内最大級の規模を誇るライヴ&サウンドスペースとして最大1500人を収容し、4つのフロアに6つのバーカウンターとギャラリーが併設。特にメインフロアは世界屈指のサウンドシステムを誇り、過去にはトラヴィス・スコット(Travis Scott)やエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)らがライブを披露した。また、ファッション系のイベント会場として使用されることも多く、「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)」と「ファセッタズム(FACETASM)」のコラボ“エア ジョーダン 1(AIR JORDAN 1)”のローンチパーティーや、「コウザブロウ(KOZABURO)」と「ランドロード ニューヨーク(LANDLORD NEW YORK)」の合同ショーなどが行われた。

 「コンタクト」は、「ビジョン」の系列店として16年4月1日にオープン。ライブイベントにも対応可能なメインフロアをはじめとする4フロアで構成し、ダンスミュージックを中心とした世界トップのDJたちや、東京の新進気鋭のアーティストが数多く出演した。また、「ビジョン」と同じくファッション系イベントも数多く開催され、「サカイ(SACAI)」と「アンダーカバー(UNDERCOVER)」の合同ショーのアフターパーティーや、クリエイティブ・ディレクターの野村訓市が主催する「マイルド・バンチ(Mild Bunch)」、「ダイリク(DAIRIKU)」の岡本大陸デザイナーと「シュガーヒル(SUGARHILL)」の林陸也デザイナーによる「HUE」などが会場として使用した。

 なお「コンタクト」は、4月22日と23日に閉店前最後となるアニバーサリーパーティーを3年ぶりに開催する。22日は、オープン時から「コンタクト」となじみのあるDJやライブアクトが集結し、23日はコロナ禍以降初の海外アーティストとしてDJ ハーヴィー(DJ Harvey)が出演する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら