ファッション

「ロンシャン」×「シャルベ」、仏ブランド同士のコラボ “トートバッグXL”などを発売

 バッグを主力アイテムとするフランスブランド「ロンシャン(LONGCHAMP)」は3月8日、同じくフランス生まれの生地メーカー「シャルベ(CHARVET)」とコラボした、高さ52×幅53cmの大型バッグ“トートバッグXL”(税込2万2000円)などを発売する。

 “トートバッグXL”は、赤と青のストライプを織り柄で表現した「シャルべ」の白の最高級リネン製。「ロンシャン」の代名詞といえるバッグ“ル プリアージュ”を象徴するレザーのハンドル、フラップ、ショルダーストラップを組み合わせた。「ロンシャン」は、「軽量かつ大容量で、洗濯機で洗える手軽さも魅力。春夏のリラックスしたコーディネートにもフィットする」と話す。

 コットン素材によるトップハンドルバッグやハンドル付きポーチ、レザーレース付きスマートフォンケース、さらにはドレス、スカート、バーミューダショーツ、スニーカーもラインアップする。

 「ロンシャン」は1948年、ジャン・キャスグラン(Jean Cassegrain)がパリで創業。一方の「シャルベ」は1866年に創業。最高級とされるフレンチリネン製のキッチンクロスは、世界中のレストランやホテルで使用される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら