ファッション

ニューバランスがジョー・フレッシュグッズを迎えた新プロジェクト シカゴ拠点のデザイナー

 ニューバランス(NEW BALANCE)は、アメリカ・シカゴを拠点に活動するデザイナーのジョー・フレッシュグッズ(Joe Freshgoods)と長期間のパートナーシップ契約を結んだ。フレッシュグッズは今後、ニューバランスの新プロジェクト“コンバセーションズ アモングスト アス(CONVERSATIONS AMONGST US、CAU)”にクリエイティブ・ディレクターとして携わり、一部のスニーカーやアパレルのデザインを担当する。

 同氏は、シカゴでセレクトショップ「ファット タイガー ワークショップ(Fat Tiger Workshop)」を運営する傍ら、自身の名を冠したブランドも手掛けており、これまで「ニューバランス」とスニーカーやアパレルで何度もコラボレーションしてきた。新たに手掛ける“CAU”は、アメリカ国内でアフリカ系コミュニティーを支援している団体「ブラック・ソールズ(BLACK SOLES)」との共同プロジェクトで、黒人歴史月間(2月)をはじめ年間を通して彼らのコミュニティーに敬意を表するもの。具体的な内容については明らかになっていないが、NBA選手のカワイ・レナード(Kawhi Leonard)や女優のストーム・リード(Storm Reid)らアフリカにルーツを持つ著名人を中心に、あらゆる人種との“対話”を促進していくという。また同プロジェクトとあわせて、フレッシュグッズが手掛けた“2002”や“504”などのスニーカーとアパレル各種を4月から順次販売するという。

 フレッシュグッズは“CAU”について、「今回のプロジェクトは、私にとって少し変わったものだ。単なるスニーカーやアパレルのコレクションではない。コミュニケーションとコミュニティーの重要性を深く掘り下げる、いわばタイムスタンプ(時刻証明書)のようなもの。同プロジェクトを通じて、これまでのニューバランスとは異なる観点からアフリカ系コミュニティーをたたえ、アプローチしたい。単なるマーケティングの宣伝文句ではなく、真実をあらわした言葉だ」とコメントしている。

 ニューバランスは、2021年4月にニューヨーク発のブランド「エメ レオン ドレ(AIME LEON DORE)」創設者のテディ・サンティス(Teddy Santis)とも長期間のパートナーシップ契約を結んでいる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら