ファッション

カーリング米代表のマット・ハミルトン選手が競技で「ナイキ SB」のレアモデル着用 氷上用にカスタム

 北京冬季オリンピックの男子カーリング競技で、アメリカ代表として出場しているマット・ハミルトン(Matt Hamilton)選手が「ナイキ SB」のレアシューズを着用して話題を集めている。

 ハミルトン選手は、2月10日に行われた1次リーグ第2試合のスウェーデン戦で、ナイキ(NIKE)のスケートボードライン「ナイキ SB」の鮮やかなシューズ“ダンク ロー(DUNK LOW)”を着用。同モデルは、「ナイキ SB」が2021年5月に発売したプロスケートボーダーのポール・ロドリゲス(Paul Rodriguez)とのコラボ“ダンク ロー ワット・ザ・ポール(DUNK LOW WHAT THE PAUL)”をベースに、ロサンゼルスのスニーカーショップ「プロジェクト ブリッツ(Project Blitz)」が特別にカスタムした1足だ。アウトソールに、氷上を軽やかに滑るためのプレート(スライダー)を取り付け、つま先には摩耗防止のためキャップ加工を施しているほか、シューレースには「プロジェクト ブリッツ」が手掛けた証となるゴールドのデュブレをあしらっている。

 なお、“ダンク ロー ワット・ザ・ポール”は「ナイキ SB」とロドリゲスの10足目のコラボシューズ。アシンメトリーで奇抜なデザインから、リセール市場では定価(税込1万8150円)の3~5倍で取り引きされているレアモデルだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

コロナ明けで新展開、スキー&スノーボード市場特集 雪山愛好者、藤原ヒロシインタビューも

12月4日発売の「WWDJAPAN」は、スノースポーツ市場特集です。暖冬予報は出ていますが、各地のスキー場から続々とオープンのニュースが届く季節になりました。コロナが落ち着き、雪を求めて日本にやってくる海外観光客が今冬は激増しそうです。また、コロナ禍以降のアウトドア意識の高まりで、スキーやスノーボードを再開したり、新しく始めたりする国内客も増加。自然をより濃密に体験する手段として、バックカントリー…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。