ファッション

「トミー ジーンズ」と「エイプ」のコラボ第2弾 梅木京太らスケーター4人を広告ビジュアルに起用

 「トミー ジーンズ(TOMMY JEANS)」は、「エーエイプ バイ ア ベイシング エイプ(AAPE BY A BATHING APE)以下、エイプ」とのコラボレーションとなる第2弾コレクションを1月18日に発売した。「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」とエーエイプ ストア(AAPE STORE)の一部店舗、両ブランドの公式オンラインストア、「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」で取り扱う。

 コレクションはストリートカルチャーに着想し、「エイプ」を象徴するカモフラージュ柄は「トミー ジーンズ」カラーのレッド、ホワイト、ブルーの3色で彩った。リバーシブルのパッファージャケット(税込3万250円)や2ウエイの着こなしができるデニムジャケット(同2万5300円)、ロゴ入りパーカ(同1万3750円)などを用意する。

 また「トミー ジーンズ」取扱い店舗とECサイトでは、「#トミランレイフォトブック プレゼントキャンペーン」を実施する。アーティストのRANとREIKOが同コレクションを着こなすフォトブックを1万5000円以上購入した買物客にプレゼントする。

 コレクションに発売に合わせて、ニューヨークのスケーター4人を起用したドキュメンタリー調のキャンペーンビジュアルも公開した。同コレクションのアイテムに身を包んだ梅木京太やルシンダ・ヤコブソン(Lucinda Jacobson)らが登場する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら