ファッション

「買い取り店」の陣取り激化 コメ兵、年30店ペースで出店

有料会員限定記事

 ジュエリー、時計、バッグ、財布といった高額品の買い取り専門店が増えている。リユース企業にとって買い取りは仕入れであり、良い商品をそろえることが売り上げに直結する。家庭のたんすに眠るブランド資産を巡る争奪戦は激しさを増す。最大手のコメ兵を取材した。(この記事はWWDジャパン2022年1月17日号からの抜粋に一部加筆をしています)

 小田急線・経堂駅(東京都世田谷区)の商店街。落ち着いたトーンの青い看板が、コメ兵の「買取センター経堂農大通り店」だ。店内はゆったりとしたソファが置かれた2部屋で構成する。外から店内の様子は見えない。

 「初めてのお客さまでも利用しやすいよう配慮しています」と長屋歩店長は話す。高額品のリユース店は珍しくないが、それでも昔の質屋のイメージを重ねる人は少なくない。経堂のような近隣住民の利用を想定した店舗では、プライバシーに配慮した空間にすることで抵抗感を少しでも和らげる。

 2018年11月に開店した同店は、同社のその後の多店舗化のモデルになった。3年が過ぎ、再来店の客の比率が6割まで高まった。40代以上の女性が中心で、70代以上のシニアの利用も多い。コメ兵の三本柱である「宝石・貴金属」「時計」「高級バッグ」のうち、買い取りに占める宝石・貴金属の割合は約50%を占め、平均の30%よりも高い。1人当たりの平均買い取り価格は13万円。「価値の高いジュエリーをお持ちのお客さまが多い。複数点お持ち込みになれば、100万円を超えることもあります」。

この続きを読むには…
残り2326⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら