ファッション

ニノ・チェルッティ氏が91歳で死去 46枚のアーカイブ写真で振り返る

 ニノ・チェルッティ(Nino Cerruti)氏が15日、外科合併症により91歳で亡くなった。イタリア・ビエラ生まれの「ラニフィーチョ・フラテッリ・チェルッティ(Lanificio Fratelli Cerruti)」を率いた、イタリアを代表するデザイナーの1人だった。チェルッティ社は声明の中で、「ニノ氏の家族や、これまでコラボを一緒にした関係者、友人、経営陣ら、そしてイタリアのファッションにお悔やみ申し上げる。世界は才能あふれ、時代を作った偉大なデザイナーを失った」とコメントした。

 ニノ氏は1930年生まれ。祖父が1881年にイタリア・ビエラに設立した繊維工場を、3代目社長に就任した同氏がファッションブランドとして成長させた。その後1957年に初めてのメンズコレクションを発表し、翌年ウィメンズデビューを果たした。ここで初めてエレガントで着心地も追求したリラックス型のジャケットを世に生んだ。スーツとして仕立て上げるのが主流だった当時、“デコンストラクテッド ジャケット”を手掛けたことで革命的とされた。65年には、ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)の才能を見出してブランドのデザイナーとしてスカウト。初めてのブティックは1967年、パリのマドレーヌ広場に開いた。

 長年にわたってチェルッティはディフュージョンブランドの「チェルッティ 1881」やラグジュアリーラインの「チェルッティ アルテ」、ジーンズラインの「チェルッティ ジーンズ」、メンズコレクションを扱う「ザ チェルッティ ブラザーズ」に加えて、フレグランスやアクセラリーラインも展開した。2000年10月には、グローバルでの事業拡大に伴う資金調達をめぐってイタリアのフィン・パート(FIN.PART)に株式の51%を売却し、追って残りの株式も全て売却した。その後05年に同社は破産しており、チェルッティ社はアメリカのプライベート投資ファンド、マトリン・パターソン(MATLIN PATTERSON)に移った。同様に同社も破産し、10年に香港の高級紳士服チェーン、トリニティ(TRINITY)が買収したが、今月初めに清算が報じられている。

 ここではニノ氏が手掛けたコレクションなどを46枚の写真で振り返る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら