ファッション

藤原ヒロシの「フラグメント」と「ラミダス」がホリデーアイテム チェック柄のトートバッグとトレイ

 「ヘッド・ポーター(HEAD PORTER)」の後継ブランドとしてスタートした「ラミダス(RAMIDUS)」は、藤原ヒロシが手掛ける「フラグメント デザイン(FRAGMENT DESIGN)」とコラボレーションし、ホリデーシーズンアイテムを12月14日から順次発売する。ラミダスの東京ストアと大阪ストア、オンラインの直営店限定取り扱う。

 アイテムは「ラミダス」のシグネチャーモデルのトートバッグと、小物などを整理できるトレイを用意した。コラボでは初のチェック柄を採用し、プリントには鮮やかな発色でインクのひび割れに強い昇華転写プリント手法を用いた。トートバッグは12月14日に、トレイは12月21日に発売する。

 肩掛けで使えるトートバッグは、大きめの容量で、2つのハンドルをつなげたダブルネーム入りストラップテープが特徴だ。トートバッグはLL(税込1万5950円)とL(同1万4300円)、M(同1万2650円)の3サイズで、ブルーとブラウンの2色をそろえる。トレイはM(同9350円)の1サイズのみで、バッグと同じ柄のブルーとブラウンを用意した。四隅にスナップを備え、外すと平面になる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら