ファッション

日本最大規模のデザイナーズジュエリーイベントが開催 約130ブランドが集結

 日本最大規模のデザイナーズジュエリーイベント「ニュー ジュエリー トウキョウ(New Jewelry TOKYO)」が、東京・青山のスパイラル(SPIRAL)と東京・末広町のアーツ千代田 3331(3331 Arts Chiyoda)で12月3〜5日に開催する。今年で12回目となり、国内外の約130ものインディペンデントジュエリーブランドや作家が集まる。

 スパイラルでは、約70組のデザイナーズジュエリーブランドが参加し、「ヤヌカ(JANUKA)」「カノエ(KANOE)」「ルーチェマッキア(LUCE MACCHIA)」などの定番商品から新作まで紹介する。ギャラリードゥポワソン(gallery deux poissons)、エスケーパーズ(ESCAPERS)、ホール・イン・ザ・ウォール(HOLE IN THE WALL)などのギャラリーやショップも集まり、それぞれが独自の感性で選んだジュエリーをそろえる。ほかにも、事前予約制で宝石研磨ワークショップを実施するほか、ジュエリー専門書を扱うベリルブックスやフード&ドリンクショップが出店する。

 アーツ千代田 3331では、次世代を担う約45組のファッションジュエリーを紹介。「エガミアキカ(EGAMI AKIKA)」「ミミズク(3329-MIMIZUKU)」「ラ・コエット(LA COET)」などのジュエリーが参加する。また、同イベント初のオフィシャルグッズを販売するギャラリーショップ(Gallery Shop)と、東京・中目黒のギャラリー兼ショップスペースのサクモット(sakumotto)がセレクトしたポップモット(POPMOTTO)のスーベニアショップがオープンする。

■New Jewelry TOKYO 2021
会場:SPIRAL(東京都港区南青山5-6-23)
会期:12月3〜5日 11:00〜20:00

会場:3331 Arts Chiyoda
会期:12月3日 16:00〜20:00、4日 11:00〜20:00、5日 11:00〜20:00

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら