ビューティ

「ハッチ」から新スキンケアラインがデビュー ブランド初のセラム登場で“2ステップ”ビューティ

 ビューティブランド「ハッチ(HACCI)」から2月18日、2ステップでスキンケアが完了する新ライン“ハニー バイ ハッチ(HONEY BY HACCI)”がデビューする。19年に登場したスキンケアライン「ハッチ 発酵液」以来の新ライン登場で、ブランド初のセラムと初の医薬部外品が登場する。

 “ハニー バイ ハッチ”はブースター・化粧水・美容オイル・乳液の4つの効果がある“スキップローション”(150mL、税込4950円)と、美容液・クリームの効果がある“スキップセラム”(50mL、6600円)の2品をラインアップ。希少なブルガリアンローズを共通成分として配合するほか、ブルーライトによる肌ダメージを防ぐ働きのある微雨ベリー葉エキスを含んでいるのが特徴だ。

 中でも、「ハッチ」初のセラムとなる“スキップセラム”はブランドのスターアイテムでもあるビューティエナジードリンク“ハニーコラーゲン(以下、ハニコラ)”にも配合されている美容成分(ハチミツや酵母エキス、ローヤルゼリーエキスなど)を含み、「飲む“ハニコラ”と塗る“ハニコラ”で、より確実に肌に成分を届ける。“スキップセラム”はブランド初の医薬部外品でもあり、確かな手応えが感じられるだろう」とハッチジャパンコミュニケーション本部PRチームの陳リエイ氏はアピールする。

 「ハッチ」調べによると、1日にかけるスキンケアの平均時間は朝7分、夜は13分だそう。「こうしたスキンケアの時間を少しでも短縮し、時間に余裕が生まれてほしいと新ラインが誕生した。ビューティはストイックだけが全てではなく、軽やかかつスピーディにフルスキンケアが完了し、心も“スキップ”してほしいという願いを込めて“2スキップビューティ”を提案。年齢を問わず、シンプルケアで上質さを求める“よくばり女子”な人にぜひ使ってほしい」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら