ファッション

2022−23秋冬トレンド、最新テキスタイルを一挙公開 VOL.1 欧州編(全103枚)

有料会員限定記事

 2022-23年秋冬のテキスタイルは、ポストコロナを見据えて、遊び心とサステナブルが満ち溢れたシーズンになりそうだ。卓越した技術で長い伝統を誇る名門企業がカシミヤやシルク素材に、あえて古着のような加工を施したり、ゴールドのラメ糸やスパンコールでゴージャスな光沢を付与したり。サステナビリティが定着する中で、天然素材への回帰もムードとして台頭しそうだ。テキスタイルデザイナーの梶原加奈子氏のコンセプトをベースに、欧州の有力テキスタイルメーカーの最新テキスタイルを紹介する。

【TREND 1】ゴールド

この続きを読むには…
残り731⽂字, 画像103枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら