ファッション

ジュエリーブランド「ボーニー」がデビュー 人種やジェンダー、年齢にとらわれないデザイン

 ジュエリーデザイナーのノゾミ・フジクラが手掛ける新ブランド「ボーニー(BONEE)」が2021-22年秋冬にデビューした。“Inner Self, Open-minded”をコンセプトに、人種やジェンダー、年齢などのカテゴリーにとらわれないジュエリーを提案する。フジクラのデザインを、山梨県を拠点とする熟練の職人がプロダクトに落とし込む。パッケージは環境に配慮した素材を使い、売り上げの一部は動物愛護活動に寄付する。

 ファーストコレクションは、オブジェのような有機的なシェイプが特徴のピアスや、イヤリング、ネックレス、ネックカフで全31型を用意した。ロングフープ(3万9600円)やドロップシェイプ(2万8600円〜4万4000円)、リンゴやナッツをモチーフにしたピアス・イヤリングのほか、Vのチャームのネックレス(3万9600円)やフックのみのシンプルなネックカフ(4万4000円)などをそろえた。

 販路は、ブランド公式オンラインストアと東京・青山のエイチビューティ&ユース(H BEAUTY & YOUTH)の2つ。来春からは、シティショップ(CITYSHOP)などでも販売する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら