ファッション

ZOZO 610(武藤貴宣)の喜びあふれるファッション人生^_^ Vol.2学生時代にジュエリーブランドをやっていました

有料会員限定記事

 座右の銘は「鳴かぬなら 笑わせてみせよう ホトトギス」。ZOZOTOWN立ち上げメンバーで、出店ブランドの営業部門を統括する武藤貴宣氏が、ファッションへの愛と明るい未来について、ゆるく語ります。

(前回から続く)
 大学は千葉にあって、今のZOZO本社からもほど近いところに住んでいました。そもそも大学よりも、東京の洋服屋さんに行きたいという気持ちの方が大きくて上京したので、週末は渋谷の「メイドインワールド(MADE IN WORLD)」や「バックドロップ(BACKDROP)」とかによく行ってました。とはいえ、そんなにお金もなかったんで、父や父の古着好きの後輩から服をもらったりとか。当時は裏原全盛期でしたが、高いし、ちょっと一線を画したくて、アメカジとかアメリカのアウトドアブランドなんかを着ていました。

この続きを読むには…
残り1363⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら