ファッション

日本環境設計の「ブリング」が恵比寿に初のリアル店舗

 服の回収やリサイクル、再生素材を使用した服の販売を行う「ブリング(BRING)」が11月5日、ブランド初となる第一号店を恵比寿にオープンする。

 日本環境設計が手がける同ブランドは、これまで約100のブランドと提携して服の回収に取り組んできた。また、回収した服のポリエステルをもう一度ポリエステル樹脂に再生するブリング・テクノロジー(BRING Technology™)を使用し、オリジナル製品も開発している。2020年にはこうした取り組みが評価され、「グッドデザイン金賞」を受賞。店頭には先月発売を開始した、ブリング・テクノロジーを使用して開発されたポリエステル100%の「アノデニム(ANODENIM)」シリーズも並ぶ。

 「もう一度あの日あの時のあのデニムを着たい」という思いから作られた「アノデニム」シリーズは、ジーンズ、カバーオール、「シアタープロダクツ」とのコラボによるトートバッグの3製品を展開。色落ちしないため、購入時の色合いを長く楽しむことができるほか、吸水抗菌防臭機能により高温多湿の環境下やアウトドアウエアとしても着用できる。

■BRING EBISU
住所:東京都渋谷区恵比寿西2-9-8大澤ビル1F
営業時間:金曜日 13:00〜19:00/土・日曜日 12:00〜19:30
※2022年より営業日時を拡大予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら