ファッション

「ドクターマーチン」が表参道に世界初のコンセプトストア 最上位ライン“メイド イン イングランド”が一堂に集結

 「ドクターマーチン(DR.MARTENS)」はこのほど、世界初のコンセプトストア、ドクターマーチン ショールーム ティーワイオー(Dr. Mrartens SHOWROOM TYO)を東京・表参道にオープンした。同店を“もっともハイエンドな店舗”と位置づけ、英国発の“メイド イン イングランド”コレクションを世界で初めてフルラインアップするほか、過去の作品を再提案する“アーカイブス”や、世界中の企業・ブランドとタッグを組んだ“コラボレーション”をそろえる。

 店内には、ブランドを象徴する“イエローウェルトステッチ”に着想したカウンターや、ヒールタブにインスパイアされスツールなど、ブランドの世界観を表現した什器を置く。ゆったりとしたソファーを設けて、歴史や世界観に浸れる空間を演出する。中央に設置するガラス製の什器には、「マーク ジェイコブス(MARK JACOBS)」「ダブルタップス(WTAPS)」など過去に協業した多数のブランドとのコラボシューズを並べる。ギャラリースペースも設けて、カルチャーの発信やコミュニティの形成も目指す。

 オープンを記念して、定番モデル“1461 3 ホールシューズ”をレオパードなどでアレンジした限定モデルを販売する。ギャラリースペースでは、コラージュアーティストの河村康輔の作品を11月7日まで展示。“1460 8 ホールブーツ”にコラージュを施したアートブーツや、青色の濃淡でグラフィックを映した“青焼き”シリーズなどを並べる。

 特設サイトでは、原宿のストリートシーンと「ドクターマーチン」との関係を深掘るドキュメンタリームービーを公開中。全8エピソードで構成し、隔週で順次公開予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら