ファッション

「ドクターマーチン」が表参道に世界初のコンセプトストア 最上位ライン“メイド イン イングランド”が一堂に集結

 「ドクターマーチン(DR.MARTENS)」はこのほど、世界初のコンセプトストア、ドクターマーチン ショールーム ティーワイオー(Dr. Mrartens SHOWROOM TYO)を東京・表参道にオープンした。同店を“もっともハイエンドな店舗”と位置づけ、英国発の“メイド イン イングランド”コレクションを世界で初めてフルラインアップするほか、過去の作品を再提案する“アーカイブス”や、世界中の企業・ブランドとタッグを組んだ“コラボレーション”をそろえる。

 店内には、ブランドを象徴する“イエローウェルトステッチ”に着想したカウンターや、ヒールタブにインスパイアされスツールなど、ブランドの世界観を表現した什器を置く。ゆったりとしたソファーを設けて、歴史や世界観に浸れる空間を演出する。中央に設置するガラス製の什器には、「マーク ジェイコブス(MARK JACOBS)」「ダブルタップス(WTAPS)」など過去に協業した多数のブランドとのコラボシューズを並べる。ギャラリースペースも設けて、カルチャーの発信やコミュニティの形成も目指す。

 オープンを記念して、定番モデル“1461 3 ホールシューズ”をレオパードなどでアレンジした限定モデルを販売する。ギャラリースペースでは、コラージュアーティストの河村康輔の作品を11月7日まで展示。“1460 8 ホールブーツ”にコラージュを施したアートブーツや、青色の濃淡でグラフィックを映した“青焼き”シリーズなどを並べる。

 特設サイトでは、原宿のストリートシーンと「ドクターマーチン」との関係を深掘るドキュメンタリームービーを公開中。全8エピソードで構成し、隔週で順次公開予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら