ファッション

パリ発ビーガンフットウエア「ヴィロン」がアボカドや玉ねぎの手染めアイテム ドーバーギンザで販売

 パリ発のビーガンフットウエアブランド「ヴィロン(VIRON)」は、2011年に誕生したベルリンのコンセプトギャラリー「スーヴェニア(SOUVENIR)」とコラボレーションしたカプセルコレクション“フィード ユア ソウツ(FEED YOUR THOUGHTS)”を、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)6階で10月15日に発売する。

 カプセルコレクションは、「スーヴェニア」が信念として掲げる“フロム アース、フォー アース(FROM EARTH, FOR EARTH)”をアップサイクルな視点で表現。アボカドや茜の根、玉ねぎの色素を手染めした、一点一点の色味が異なるアイテムをそろえる。

 商品は、染めありTシャツ(税込1万5400円)、染めなしTシャツ(同7700円)、染めありフーディー(同3万3000円)、染めなしフーディー(同1万8150円)、染めありクルーネックスエット(同2万8600円)、染めなしクルーネックスエット(同1万5400円)、染めなしブーツ(同3万4100円)をラインアップする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら