ファッション

「メゾン ミハラヤスヒロ」が福岡に“無責任な”コンセプトショップ 地元とのコラボやアートの展示も

 「メゾン ミハラヤスヒロ(MAISON MIHARA YASUHIRO)」は、コンセプトショップ「メゾンエムワイラボ(Maison (MY) Labo. )」を福岡に9月17日にオープンする。内装には、スマイルズが運営する「パスザバトン(PASS THE BATON)」の店舗から譲り受けた什器や壁を使用した。同店について三原康裕デザイナーは、「カルチャー、アート、ファッション、サイエンスなどを、可能な限り広く浅く。そんな適当で無責任な空間です」とコメントする。

 同店では「メゾン ミハラヤスヒロ」のほか、サステナブルなシューズライン“ジェネラル スケール(General Sacle)”と、部屋着としても着られるシンプルなウエアライン“インストルメンタル(in・stru(men-tal))”を扱う。さらに、雑貨や家具、地元企業とコラボしたプロダクトなども販売予定だ。

 店内では、アーティストによる展示も不定期で実施する。オープンでは、写真や音楽の領域で活動する丹野篤史による展示を開催。ロードバイクに乗って撮影したランドスケープ写真やコラージュ作品などを置く。

■Maison (MY) Labo.
オープン日: 9月17日
住所;福岡県福岡市中央区赤坂2-3-6 東急ドエルアルス赤坂 1-B
営業時間:12:00〜20:00
定休日:水曜日、木曜日

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら