ファッション

「メゾン ミハラヤスヒロ」が福岡に“無責任な”コンセプトショップ 地元とのコラボやアートの展示も

 「メゾン ミハラヤスヒロ(MAISON MIHARA YASUHIRO)」は、コンセプトショップ「メゾンエムワイラボ(Maison (MY) Labo. )」を福岡に9月17日にオープンする。内装には、スマイルズが運営する「パスザバトン(PASS THE BATON)」の店舗から譲り受けた什器や壁を使用した。同店について三原康裕デザイナーは、「カルチャー、アート、ファッション、サイエンスなどを、可能な限り広く浅く。そんな適当で無責任な空間です」とコメントする。

 同店では「メゾン ミハラヤスヒロ」のほか、サステナブルなシューズライン“ジェネラル スケール(General Sacle)”と、部屋着としても着られるシンプルなウエアライン“インストルメンタル(in・stru(men-tal))”を扱う。さらに、雑貨や家具、地元企業とコラボしたプロダクトなども販売予定だ。

 店内では、アーティストによる展示も不定期で実施する。オープンでは、写真や音楽の領域で活動する丹野篤史による展示を開催。ロードバイクに乗って撮影したランドスケープ写真やコラージュ作品などを置く。

■Maison (MY) Labo.
オープン日: 9月17日
住所;福岡県福岡市中央区赤坂2-3-6 東急ドエルアルス赤坂 1-B
営業時間:12:00〜20:00
定休日:水曜日、木曜日

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら