ファッション

「オールユアーズ」が着なくなった衣服を循環させる新サービス開始

 アパレルメーカーの「オールユアーズ(ALLYOURS)」は、顧客から着なくなった自社製品を回収し、再販売・再利用する新サービス「環わす(まわす)」を開始した。

 同サービスは、公式サイトの専用フォームに申し込むことで利用できる。着なくなったアイテムを梱包し、同ブランドの回収センターへ発送する仕組みで、アイテムの点数は問わない。同サービスの利用者には、製品の本体価格の20%相当のギフトカードをプレゼントする。

 回収センターに集まった衣類は、同社が適切な修繕を施し、再び販売する。再販売ができないアイテムは、分解処理を行い、陶磁器や衣類、セメントなどほかの製品の原材料に再利用する。同社はこの回収の仕組みを、さまざまな業種やプロダクトに提供する準備を進めている。

 原康人オールユアーズ代表取締役は「作った製品に責任を持つ、という『オールユアーズ』のポリシーを今一度明確にし、拡張させる。誰かが着られなくなってしまったものに再び手を加え、それを求める誰かへまた手渡す。そんな循環を生み出したい」とコメントを寄せた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら